自動車保険において給付金は自動車運転のトラブルのみか

自動車保険で、給付金を受け取ることができるのは、自動車運転時のトラブルに限りません。その他もあります。

What's New

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

自動車保険において給付金は自動車運転のトラブルのみか

自動車保険において給付金は自動車運転のトラブルのみか

普段の生活において、どのようにして外出することが多いかがあります。
通勤に自動車を使う人は、自動車がメインになっているかもしれません。どこに行くにも自動車です。
一方、通勤の時は、徒歩や自転車で駅まで向かう人がいます。
その後は鉄道です。
自動車にも乗りますが、自宅では週末などに乗る程度です。
それも乗る日もあれば、乗らない日もあります。
この場合、外出には、車、自転車、徒歩の色々なパターンがあります。
その中でも、車の比率があまり高くない状態です。
自動車に対するトラブルの危険においては、まずは自分が運転する場合があります。
それ以外にも、自分が運転しないときにもトラブルに巻き込まれることがあります。
それを考慮する必要があります。


自動車保険に加入して、自賠責に関しては、対人に対してのみ補償をしてもらえます。
それも制限がついています。
実際の補償を考えると、更にお金が必要になる場合が多いです。
そのために、任意保険に加入することが多いです。
そうすれば、対人に関して、無制限で補償してくれることがあります。
さらには、自分自身や、同乗者が怪我をした時にも対応してくれます。
では、給付金がもらえるのはその時だけかになります。
自動車に関するトラブルにおいては、道路を歩いている時、対向の自動車に接触されることがあります。
自転車であれば、車両の道路を走りますから、余計に接触する可能性があります。
この時に怪我をしてしまうことがあります。

でも自動車には乗っていません。

保険商品にもよりますが、ある商品においては、自分が運転しない場合においても、徒歩や自転車で自動車に接触して怪我などをした時に、受けることができるものがあります。
自分だけでなく、家族全員が対象になるものもあります。
家族の中には、自動車の免許を持っていない人もいると思います。
通常であれば、加入できないでしょうが、家族なので対象になってくるのです。
なにもないのが良いのですが、万が一に備えるようにします。